30代以上、未婚、子ナシの「負け犬」だけど何だか負けてる気がしない…そんな私をひとは「勝ち猫」と呼ぶ。俳句座☆シーズンズで活動するtomboy catが綴る俳句とおしゃべりのブログです。



プロフィール

tomboy cat

Author:tomboy cat
蟹座。B型。仕事は堅め。背は低め。
海も山も川も都会も近くて、あったかくって、食べ物がおいしくって、お城がある街に住んでいる。
俳句座☆シーズンズ所属。



最近の記事



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハシタナイ
先輩(ヒゲ1号)のお友達が東京ボーイズって本を
を出版されたそうで、ぜひ買ってくれと見せられたんだけど・・・
こんな本、職場で広げるなぁ~!

あ、いえ、決して出来が悪いとかそういうことじゃなくて、もう本当に皆さんには、ぜひ買っていただきたいのですけれど、美青年の写真集なのよ、これが。ええ、ヌード写真集と申し上げてもいいでしょう。こういう写真集を見るには、勝ち猫はとっても微妙なお年頃なんですってば。

もちろん、男性が女性の写真を眺めるのが好きなら、女性が男性の写真を眺めて「いいわぁ」ってやるのもいいんだろうけど、どうもそれってハシタナイ感じがしちゃうんだよね。
で、ふと思ったのだけれど「ハシタナイ」って言葉、もしかして、死語になりつつあるんじゃないか? いまどき、子どもを怒るのに「ハシタナイ」って言うのかな?
だって、辞書で見ると「品がない。つつしみがない」なんて書いてあるけど、女の子を叱る言葉って感じがしない?
それもただ乱暴な言葉を使うとか、がつがつご飯を食べちゃうとか、髪に寝癖がついてるときに使うっていうより、パンツ見せながら立て膝してるとか、男に色目使うとかっていうような「もしかしたらこの子は貞操観念がゆるいのでは」って場面で「なんです、女の子のくせにハシタナイっ!」って使われてたような気がするのよ。「どうやっていい男をつかまえるか」が堂々と特集される世の中、もしかしたら私たちって「ハシタナイことはダメ」って教育を受けた最後の世代かも~と思ったことでした。

 しぐるるやモノクロームの写真集
スポンサーサイト

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。