30代以上、未婚、子ナシの「負け犬」だけど何だか負けてる気がしない…そんな私をひとは「勝ち猫」と呼ぶ。俳句座☆シーズンズで活動するtomboy catが綴る俳句とおしゃべりのブログです。



プロフィール

tomboy cat

Author:tomboy cat
蟹座。B型。仕事は堅め。背は低め。
海も山も川も都会も近くて、あったかくって、食べ物がおいしくって、お城がある街に住んでいる。
俳句座☆シーズンズ所属。



最近の記事



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


乙女の必読書
黛まどか先生、パリ通信によるとベルバラファンらしい。
私も「宝塚受験」までやっちゃったお友達に「乙女の必読書」と言われて読みました。

でも、歴史大河マンガって、そそりますよね~
ベルバラから連想して思い出すのは名香智子センセの「緑のディアーヌ」。こっちはルイ13世の時代のお話。
木原敏江センセの「アンジェリク」(原作までは手が出ない…どんな話かはファンサイトでどうぞ。)
そして原作は読んでいないけど、アニメが好きだった「ラ・セーヌの星」。
花売り娘シモーヌは、夜な夜な民衆のため「ラ・セーヌの星」として戦うんだけど、実はマリー・アントワネットの異母妹で…みたいなお話。主題歌をカラオケで歌うと半分の人が喜んで、半分の人が引いていきます。

シンデレラの世は王子様と結婚してお城に住めれば幸せだったけど、現実のお姫様たちで、本当に幸せだったのはどの位なのかなぁ。
豪華絢爛王宮絵巻、その実、戦う女性たちの物語。それが歴史大河漫画の醍醐味なのです。

 衣擦れの音に驚く半夏生

スポンサーサイト

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント
ともちゃん、次のカラオケでは絶対!絶対!「ラ・セーヌの星」(?)主題歌唄ってね♪私は何が起こっても引かないから!私もお返しにマリーアントワネットの「青きドナウ」唄うし。
【2006/07/16 21:20】 URL | 黛まどか #-[ 編集]

わー、先生!遊びに来てくださったのですか!
観劇、いや、感激ですっ。
歌っちゃいますよ~、ラ・セーヌの星!
先生、マリーアントワネット歌うなら、ぜひコスプレで…。
【2006/07/16 23:01】 URL | 勝ち猫 #-[ 編集]

コスプレ?ウィー!!
【2006/07/17 03:01】 URL | 黛まどか #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。